2009年01月07日

今年の抱負


写真は昨年末アットさんに呼んでいただいた忘年会でのビンゴゲームでゲットした「冬ソナのスタンドライト」と「歩くリラックマ」。ちなみにリラックマは娘に大ウケ。

あけましておめでとうございます。

今年の抱負を正月に書こうと思ってたらもう7日ですか、そうですか、この月日の経過スピードではボーッとしてると気付いたら死んでますね。あっという間の一年なので今年こそは何かを有言実行したいと思います。

今年の抱負:ジムに一年間通って体を鍛える

体を鍛えること、自営業には必須かもしれない。数年前にジムに通っていたのですがあえなく挫折。その頃はまだタバコとか吸っていたので今とはまた状況が違うかもしれませんが、年末に非常に刺激を受けたので早速ジムに入会手続きしてきました。その刺激というのは、仕事でお世話になっている方でジムに通っておられる方がいて、その人に久しぶりにお会いしたときに感じた体つきの変化に驚いたからです。

聞くと1年ほど前から鍛えてるらしくて体だけでなく顔つきも変わっていたのが驚きました。偶然にも昨年度ネットで有名?だった本「仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか」を読んでいたこともあってトレーニング頻度や時間まで興味深く聞いてしまいました。

この本ではトレーナーの視点からジムへ通う人へ、いろいろなアドバイスや筋トレがもたらす効果など書いてるわけですが、著者が一番伝えたいことは「いかにしてトレーニング続けることが出来るか」ということだと本書を読んで個人的に感じました。まぁ何もしなければ楽なのにわざわざお金払って肉体を苦しめるわけですから、そこで「何やってんだろ、俺」と考えるとモチベーションは下降し始めます。

何度もそこで己との戦いが始まるわけで、最強の敵である自分と戦っては返り討ちにあっている自分としては今年こそ己を打ち負かしてやりたいと思っています。願わくば来年までこの記事が削除されていないよう、やるぞ~。

2008年08月26日

Macでとりあえず入れてみたソフト

imac

8月にメインマシンをiMac24inchにしてからmac用フリーウェア(一部シェア)をかなり入れたり消したりしたので、あとから見てもわかるようにリストアップしておくことにした。ちなみにソフト解説は適当なものもあります。NewMac感想ですがLeopardいいっすねー、メモリ4GまでいけるのでParallelsの本格利用ができそう。SpacesがOSに取り込まれたり、スタック機能など最高。

続きを読んでみる

2008年06月11日

もうすぐ2ヶ月

晴子がもうすぐ2ヶ月を迎えようとしている。あっという間に肉が付いて体重も3.0→4.5kgへとアップ、晴子Ver 0.2だ。スゲー勢いだと感心するばかりの成長速度、なんせ1週間もしたら顔がみるみる変わっていくのだ。今しかこの姿は見れないって思うこともある。そう考えると誰も彼もデジカメやビデオで我が子を撮るのも理解できる。

続きを読んでみる

2008年04月21日

子供が生まれました

ブログ書く時間作れなくてご報告遅れましたが、ついに先日木曜日に女の子が産まれました。母子共に健康状態でもう嬉しくて嬉しくて、今現病院にいる娘のことを思い浮かべるたびに顔がニヤニヤしてしまう状態です。そんな娘を思い浮かべながらこのブログを書いているとまた顔がにやついてきてしまいます。

以下どうでもいいおっさんの喜びを書いてます。

続きを読んでみる

2008年03月31日

もうすぐ子どもが生まれます

人生において成人してからも長い間子供のような無責任さで生きてきた自分ですが、そんな僕にも、僕らにも来月子供が生まれます。もうすでに臨月に突入し嫁のお腹はえらいことになっておりまして来月の半ばが一応予定日。

最初に授かった子供は残念ながら3ヶ月半ばで流産、今度こそはと病院に毎回ドキドキしながら嫁と一緒に通ってようやくここまで大きくなってくれた子供です。性別はずっと聞くのを我慢しており、ようやく年明けに聞いたのですが女の子でした。

ちなみに名前はまだ決めず、生まれてきた顔を見て頭に「パッ」と思い浮かんだ名前を付けようと決めています。

自分みたいなのが子供を作って大丈夫かなと思ったことは多々あります。

世間一般に受け入れられそうな生き方や常識はきっと教えてあげられない、そこは嫁から学んで欲しい。僕としては何を教えてあげられるかよくわからない、ただ自分の生き方を見てなにか感じてくれたらそれだけでいいと思う。

ただまっすぐな愛を持って生きてくれたらいいんではないんかと思う。

教えることの正しいとか間違ってるとかどうでも良くて、愛情の持っていき方の軌道を修正するというか、歪まないようにまっすぐなラインに導くというかなんというかよくわからんけど、人間という生物として感情豊かに育って欲しい。なんだか書いててそんな気がしてきた。

そしてそれが僕らが人間を楽しむ一番の方法じゃないのんかと思う。

2008年03月12日

アウトプット下手能力

ブログにこれ書こうかなと思ったことはすぐに泡のように頭から消えていく。起きたとき覚えていない夢のように感じることもある。でもたしかにその時思いついたことをこうして文章に書こうとするとうまく書けない。これは僕が考えを文章にする時に行うアウトプットが下手なだけなんだと思う。Googleノートブックのような機能が脳にあればなぁといつも思う。

ボイスレコーダーでその時の思いを録音するのが一番の方法なんだろうと、やってみたことはあるんだけど録音する際につい後から聞いて理解しやすいように余計な編集を加えてしまう。で、その編集にまたアウトプット下手がのっかるから結局その時残したかった本意は残らなかったりする。

アウトプット下手(べた)能力はデフォルトで僕に付いてるんで文章にして出力するときに常につきまとう。こうしてアウトプット下手を説明しようとする文章にすらアウトプット下手がのっかって面倒だから書きかけで保存もせずブラウザ閉じちゃったとかよくある。

じゃあ頭の中で思っていることを録音するしかない、しかも録音しているという意識のないままに....という実現不可能な状態を思い描いてしまう。でも久しぶりにこうして文章を書いているとなんだか楽しいし、頭がクリアーになっていく感覚はやっぱり気持ちいい。頭の中の排泄行為みたいに感じる。

とりあえずこの苦手部分を克服するため、この気持ちよさを味わうためにも少し続けてみようか。

2007年08月27日

世界陸上

朝原選手の100m走は初戦の走りをうどん屋で見て、タイソン・ゲイをぶち抜いてゴールする姿に感動して彼の走りに引き込まれました。今日のファイナリスト進出はならずという結果は残念でしたが、多くの人に感動を与えたと思います。

作り物の感動が多いTV番組の中でスポーツだけは(とあるボクシング選手を除いて)紛れもない本物の感動がある。朝原選手は35歳、これまでの集大成として望んだ試合。大阪世界陸上を最後と考えていたのかもしれない、レース後にあらゆる感情が一気にこみ上げてきたのか、インタビュー開始直後、朝原選手は感極まって男泣きした。

自分も嫁と一緒に見ていたが人目もはばからずインタビュー中に男泣きする朝原選手にもらい泣きした。スポーツ選手が泣いている場面というのはよく見るが、これほど感動を与える泣きっぷりは初めてでした。彼自身の陸上人生への想いが画面越しにひしひし伝わってきました。個人的に侍という言葉が一番似合う選手だと思います。

今後の400mリレーも楽しみです。

2007年05月15日

ブログをこれからは書きます

これからは滞りがちになっていたブログをもう一度見つめなおして、あることないこときっちりと書いていこうと思います。どちらかというと追い込まれないと動かないほうなのでこういった宣言も必要だ!と思いました。更新ペースは出来れば週に2・3回は書くようにしたいと思う。どちらかといえば今まで以上に技術的なことを書いていけたらなと思います。

続きを読んでみる

SEARCH THIS BLOG

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVES